投資全般

投資の不安から解放される10のステップ

投資の不安から解放される10のステップ | サムネイル画像

ではなぜ日本人は投資の必要性を分かっていながらあまり投資をしたがらないのでしょうか?

頂いたアンケートの中から、代表的な10個の理由について解説していきたいと思います。

 

投資をしたがらない10の理由

損したくない、リスクを取りたくない

これはよく言われます。お気持ちは分かりますが、やらないリスクもあるということをご理解頂けたらと思います。

貯金というのは、言い換えれば「現金という資産」に集中投資しているということです。

 

日本では、国の政策として 2%のインフレを目指しお金を流通させています。

インフレが起こると物の価値が上がり、お金の価値が下がりますので、

同じ 100 万円でもインフレ前とインフレ後で価値が変わってしまうのです。

 

ということは、現金だけに集中投資しておくことは、インフレリスクに弱く時代の流れ的に

資産を目減りさせてしまうことになるということになります。

 

また、元本保証という言葉が日本人は大好きですよね。

やはり投資金額が保証されているというのは大変魅力的です。

 

そのため元本保証を謳う投資商品を買ってしまう人が多いですが、

「元本保証」というものはそもそも存在しません。厳密に言うと、貯金も元本保証とは言えません。

 

現金を含め、環境を取り巻く物や不動産、株などの資産でも何でも、常に価値が変動しています。

そのため本当の意味での元本を保証できるものはそもそも無いという発想を持っておいて頂いた方がいいです。

 

あと、「貯金は裏切らない」という考え方も危険です。

先ほどお伝えした通り、現金で持っ ていてもお金の価値は減ることがあります。

 

逆にデフレの時には現金で持っている方が良いですのでバランスが大事になりますが、

貯金というのは必ずしも裏切らないものではないということです。

 

最後に、覚えておいて頂きたいのが、年金も GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)という

厚生労働省所管の独立行政法人によって株や債権などで運用されています。

 

そのため自分たちが投資をしたくなくても、年金は投資運用されており、

投資をせずに生きていくというのは不可能なことだと言えるのです。

難しそう

確かに簡単ではないかもしれません。ただ、きちんと勉強すれば、そこまで難しくはありません。

 

何より知らないのに「難しそう」と言って止めてしまうのはよくないことです。

何でもそうですが、簡単ですぐにうまくいくことというのはほとんどありませんよね。

きちんと勉強したり、練習したりしないと結果は出ません。これは投資においても同じことが言えます。

 

知識がない

勉強して知識を付けましょう。

日本人は真面目で、多くの人がきちんと義務教育を受けてきました。

そして学校の勉強や資格の勉強なども、一生懸命する方が多いです。

 

仕事も一生懸命で真面目だと思います。

ただ、そうであるにも関わらず、なぜかお金の勉強はしない・・・

 

これは学校や資格の勉強と同様に勉強したらいいということです。

そもそもお金を血液として回す資本主義経済の中にいるのに、お金の勉強をしないのはおかしな話ですよね。

 

お金が無い

投資した方がいいのは分かっているけど、お金がない。

 

これは家計の見直しをして、まずは貯金していきましょう。貯金するのは大変。

そう思われるかもしれませんが、貯める力がなければ投資はできません。

 

初めは労働所得でコツコツ貯金を行います。

そしてそこから投資にお金を回していき、徐々に投資の方からお金が流れてきて、

収入の流れが増えていくことでどんどん楽になっていくというのが通常の流れになります。

 

また、「投資で一発当ててやろう!」という考え方を持っている人がいますが、それは危険です。

 

これは投資ではなく投機(ギャンブル)にあたります。成功する可能性が0とは言いませんが、

非常にリスクが高く、全てを失う可能性の方が高いです。

まずはきちんと貯金をしましょう。

 

お金を貯めるのは、投資を始める上で最低限必要なスキルです。

参考までに下記にお金が貯まる⻩金比をご紹介しておきますね。

 

住宅費:30%

貯金:20%

食費:15%

光熱費:10%

交際費:10%

その他:15%

 

毎月の生活費が苦しくなる方は、住宅費や交際費が高い事が多いですので、見直してみましょう。

 

また、貯金にあてる 20%は、自動で引き落とされる自動積立定額貯金を利用すると、

強制的に貯金が増えることになりますのでお勧めです。

 

どこに投資したらいいか分からない

投資先はその人の資金力や知識、年齢など環境によって様々ですので、一概にお伝えできません。

投資先に限らず、投資方法もたくさんあります。

 

こちらはマネープロデュースできちんとお伝え&アドバイスしていきますので、

一緒に学んでいきましょう。

 

 何を信じていいか分からない

SNS やブログなど、情報が多すぎてどれを信じていいか分からないという方も少なくありません。

これは情報社会では仕方のないことです。ただ、一つアドバイスをするのであれば、

“情報を鵜呑みにしないこと”をお勧めします。

 

SNS やブログしかり、TV や新聞で伝えられている情報も、記者やメディアの意図が入り、

正しく伝えていないことも多々あります。

 

ですので、一つの情報に対し、複数の視点から情報を集め、ご自身でどのように考えられるか?

という基準を持つといいと思います。

そして、きちんと事実に基づいた情報や、それを配信している人を

参考にするといいでしょう。

 

パソコンに張り付いている時間がない

パソコンに張り付く投資家は、トレーダーと言って、株やFXなどで短期売買を繰り返し行う人です。

 

このような投資方法もありますが、大抵は皆さん本業を抱えていると思いますし、

短期売買は一喜一憂して気が休まりませんので、中⻑期でお金を増やしていく投資をお勧めしております。

 

つまり、パソコンに張り付いている必要はありません。

(もちろん、日々 の相場の値動きくらいは確認しておいた方がいいです)

 

人生を豊かにするための投資で、日々の値動きで一喜一憂してしまい、

そればかりに気を取られてしまっては本末転倒です。

 

失敗した話を聞いた

当然失敗はあります。失敗する人も多いです。

 

しかし失敗には、“許される失敗”“許されない失敗”があることを覚えておいて下さい。

 

“許される失敗”は、“小さな失敗”です。これは、自分の負えるリスクの範囲内ですので、全く問題ありません。

むしろ全て成功するなんてことはありませんので、失敗することは必ずあるとご認識頂いた方がいいと思います。

 

その失敗をいかに最小限で抑えるかという考え方が大切になります。

そして皆さんが恐れるべきは、“許されない失敗”=“大きな失敗”の方です。

 

これは絶対に避 けなければなりません。

よくあるパターンが、最近ではあまりにも株や FX などの投資環境が身近になったため、

ろくに勉強せずに「○○が熱い!」という情報だけを頼りに投資を行って、

ビギナーズラック でそこそこ儲けたところ、もっといける!と思って金額を大きくして、

欲を出したところ暴落→大損・・・というものです。

 

ドキッとされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。これは絶対にやってはいけない失敗です。

 

そして人は失敗について敏感ですので、失敗した話はよく広がります。

また、メディア的に も成功と失敗というのは話題として面白いですので、取り上げたがります。

 

GPIF の時もそうでしたよね。少し含み損が出ただけで大騒ぎでした。

ほとんどの投資家は、“許されない失敗”はきちんと避けていますので、失敗に対するイメー ジを変えて頂きたいです。

 

ちなみに失敗したことを言う人たくさんいますけど、儲けた時は言わない人が多いです。

妬まれたり、襲われたりしては怖いですからね。

 

破産することになるのではないか

借金やレバレッジを大きくするなどして、自身のリスクの許容範囲を超えて取引し、

ハイリスクハイリターンの一発を狙って失敗してしまったら破産することになります。

 

ちなみに これは投資ではなくギャンブルですね。

これは先ほどお伝えした“許されない失敗”の方に入ります。

 

破産するほどリスクを負うのは投資とは言いませんし、投資では何かあった時に耐えられるよう、

リスク分散して行います。そのためリスクに強い資産形成ができます。

 

成功するかどうか分からないから怖い

これは考えるだけ時間の無駄ではないでしょうか。

 

未来のことは誰にも分かりません。

やりたいのであれば、やってみたらいいですし、やりたくなければやらない方がいいと思います。

 

しかし皆さん、そこに興味があるから悩むのですよね。

なので、一歩踏み出してみてみることをお勧めいたします。

 

数千円とか、ご負担のない金額からでもスタートできます。

0 か 100 か、失敗したら人生終わるみたいな、そんな話ではありません。

 

仮に10万円損した場合、それは嫌ですが、破産するとか、人生終わるとかいうわけではないですよね。

なので少額からコツコツと始めてみたらいいと思います。 悩んでいるならまずは行動してみましょう!

■まとめ

今は、投資しないとどんどん貧しくなっていく時代です。

そして、豊かになるためにはどうしても投資をする必要があります。

 

行動するだけで多くの人と差がつきます。

 

例えば 10 年前に 100 万円、日経平均に連動する投資商品に投資していたとしたら、

現在では約3倍に増えているということになります。

 

しかし現金で持っていた人は当然そのままです。

投資を知らないから怖いというのは分かりますが、正しい知識を身に付ければ怖くありません。

できない理由を作るのは簡単ですが、最終的には自分で行動しないと何も変わりません。

人生においての成功を掴める人は、やはり行動する人だけです。

 

そして、投資は“習うより 慣れろ”ということで、ある程度勉強したらまずはやってみるというのが大事です。

ただ、いきなり飛び込むと、ヤケドする可能性が高くなりますので、最低限の勉強はしましょう。

 

おわりに

最後までお読み頂き誠にありがとございました。

このコラムで投資に対して関心を持ち、もっと学びたいと思って頂けていたら嬉しいです。

なお、マネープロデュースでは、多くの方にマネーリテラシーをつけて頂くべく、

定期的にお金の教養講座を行っております。

より深くお金について学ぶことができますので、ぜひ下記よりご参加ください。